CM「負けるもんか」の不屈のHONDA精神

8月 22, 2012

 

2012ADC(東京アートディレクターズクラブ)グランプリに輝いたのは、

本田技研工業「負けるもんか」のポスター、コマーシャルフィルム。

 

 

みなさん既にご存知かと思いますが、今年4月2日に放送されたこのCMは、

HONDAらしさが高く評価されtwitter、facebookで話題となり、youtubeでも

再生回数を順調に伸ばしている。

 

60秒という長尺のこのCMは、

Honda A型から始まり、Super、CUB C100、ACCORD、ODYSSEYと

HONDAの歴史が写されており、

最後はNSXが走り出し、挑戦者の人たちを応援するかのようなラストになっている。

 

 

撮影は、2月から栃木県の自動車レース場で行われ、歴代の車、バイクが集うことは初めてだった。

そのため、撮影も一発で決めなければならないし、緊張感あふれる撮影となった。

数センチ単位での車の配置のこだわりを見れば、HONDAのその本気さが容易に伺える。

 

HONDA「負けるもんか」CMメイキング映像はこちら

http://www.youtube.com/watch?v=SZdqcE3MLQQ

 

製作者は、

A&P=電通+TYOモンスター+TYOプロダクションズMEGURO-3

グランプリを受賞したアートディレクター 河合雄流さん、ディレクター 牧鉄馬さん、

コピーライター藤本宗将さん、内田将二=フォトグラファー。

 

 

 

本田技研工業「負けるもんか」のテレビCM=写真=は、同社の反骨精神を表した

「寝る時間、食う時間を惜しんで、何度でもやる」などメッセージ性の強いコピーを配した。

発表会で副田高行審査委員長は,

 

「グランプリ作品は、企業のメッセージではあるが、大震災の“乗り越え”を表現している。

多くの人を励まし、勇気づけた点が高く評価された。

アートディレクターの仕事は、基本的に人が幸福になるためにある」

とコメントした。(電通報No.4731)

 

 

 

この「負けるもんか」は、創業者・本田宗一郎氏の名言を基に、

同社の諦めるな、絶対やってやる、という反骨精神のコピーから製作が行われ、

ナレーターを務める、新井浩文さんの独特のトーンと温度の高いワードがマッチし、若者の好感呼んだ。

 

 

(アメーバニュース引用)

 

 

You may be interested

面白法人カヤックの「旅する会社説明会」47方言対応の特設サイト
Event
32 views
Event
32 views

面白法人カヤックの「旅する会社説明会」47方言対応の特設サイト

WEBROCK 編集部 - 10月 22, 2017

面白法人カヤックは、地方で働きたいと考え…

好きな音楽が流せる歯ブラシ『Benjamin Brush』
Design
36 views
Design
36 views

好きな音楽が流せる歯ブラシ『Benjamin Brush』

WEBROCK 編集部 - 10月 21, 2017

こんな歯ブラシがあったら、歯磨きの時間も…

10万人以上の選挙の情報を格差なくす「Yahoo! JAPAN 聞こえる選挙」
Technology
44 views
Technology
44 views

10万人以上の選挙の情報を格差なくす「Yahoo! JAPAN 聞こえる選挙」

WEBROCK 編集部 - 10月 20, 2017

ヤフーは10月18日に、視覚に障がいがあ…

Leave a Comment

Your email address will not be published.