Appleが「iPhone X」を発表!「iPhone 8」と「iPhone X」まとめ

9月 13, 2017

現地時間9月12日(日本時間 13日午前2時)、

スティーブ・ジョブズ・シアターにて行なわれたApple Special Eventにて、

 

Appleは iPhone 8 と iPhone 8 Plus、

Tim Cookの「one more thing(最後にもう一つ)」の後に、

iPhone Xを発表。

 

 

iPhone Xは、ちなみに「X」の読み方は「Ten」(テン)だ。

 

Phone 8・iPhone 8 Plusはシルバー・スペースグレイ・ゴールドの3色。

iPhone Xはシルバー・スペースグレイの2色です。

ジェットブラック・ローズゴールドの引き継ぎはなしです。

 

 

ケース素材はiPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone X、

すべて両面ガラスですが、フレームは8/8Plusがアルミ、Xはステンレス。

サイズは、Phone 8は4.7インチ、iPhone 8 Plusは5.5インチ、iPhone Xは5.8。

解像度は、iPhone Xが最大で2,436×1,125ピクセル。

カメラの解像度は全モデル1200万画素で、望遠レンズはiPhone XがF2.4のレンズ。

 

 

プロセッサは、機械学習機能も組み込まれたA11 Bionicチップ+M11モーションコプロセッサ。

重量比較は、iPhone 8 (148g)<iPhone X(174g)<iPhone 8 Plus(202g)。

 

各モデルの比較詳細:https://www.apple.com/jp/iphone/compare/

 

iPhone Xはフロントカメラを用いたFace ID(顔認証システム)が話題を読んでいる。

Lightningコネクタは残るものの、全モデル無線充電対応。

 

 

では、iPhone XはiPhone 8と何が違う?

 

前面は上から下までスクリーンで覆われ、

上部には前面カメラやセンサーが収められた台形の出っ張りがある。

 

さらに画面の周囲のベゼル(枠)は存在しないかのように薄く、

ホームボタンは姿を消した。ぱっと見ると、スクリーンだけしかないように見える。

 

 

「Super Retina Display」と名づけられたスクリーンは、

サムスン製の有機EL(OLED)を採用しており、解像度は1125×2436ピクセル。

また、新しく搭載された顔認証機能「Face ID」の最も重要な特徴のひとつになった。

 

アップルはiPhone Xを皮切りに、人工知能(AI)と拡張現実(AR)の領域へと

手を広げようとしている。

 

iPhone 9を飛ばし、iPhone Xとしたのは、

現状でのiphoneの完成形を意味し、Appleは次世代のネタを用意していると

思うとワクワクする創造にかられる。

 

iOS11の新機能としてCoreMLとARKitに対応することを考えると、

次の狙いはそのあたりなのであろうか。

 

 

iPhone 8」が78,800円から、「iPhone 8 Plus」が89,800円から

「iPhone X」112,800円 から、となる。

 

参考URL:

https://www.apple.com/jp/iphone/

You may be interested

AIがスクリーンショットだけでコードを生成する『pix2code』
Technology
20 views
Technology
20 views

AIがスクリーンショットだけでコードを生成する『pix2code』

WEBROCK 編集部 - 9月 23, 2017

デンマークのIT系スタートアップである …

ジェイソン・ポールが江戸時代にタイムスリップ【Jason Paul Goes Back in Time】
CM
29 views
CM
29 views

ジェイソン・ポールが江戸時代にタイムスリップ【Jason Paul Goes Back in Time】

WEBROCK 編集部 - 9月 22, 2017

東京の街やエアポート、ゲームの世界や氷の…

音楽×ファッション×テクノロジーのイベント『超渋谷展/SUPER SHIBUYA EXPO』
Event
30 views
Event
30 views

音楽×ファッション×テクノロジーのイベント『超渋谷展/SUPER SHIBUYA EXPO』

WEBROCK 編集部 - 9月 22, 2017

渋谷で、10/16(月)〜11/5(日)…