Browse By

小型電動車に新たな波が!ライノモーター社の電動一輪車「ライノ(Ryno)」


RYNO’s 2014 Launch from Chris Hoffmann on Vimeo.

 

小型電動車に新しい一手が!

一見セグウェイのような乗り物にも見えるが、乗り方、ハンドリングはオートバイ様。

 

これは、カナダのライノモーター社(RYNO Motors)が開発した電動一輪車「ライノ(Ryno)」。

その変わった風貌とお手軽な操作性が米国では人気を集めており、

驚異の電動一輪走行を可能にした乗り物だ。

ロック画像_07

ライノモーター社最高経営責任者(CEO)兼発明家クリス・ホフマン(Chris Hoffmann)氏の娘の

「ゲームでみた一輪バイクを作って欲しい」の一言から開発が始まった。

開発期間は5年。2014年4月の時点で、現地では販売が開始されている。

 

 

ロック画像_21

 

ライノの最高速は16km/h。価格は約5295ドル(約54万円)ほど。

電気モーターと安定したシステムで造られるため、ドライバーは特別なライセンスを取得する必要はなく、

セグウェイと同じ取扱いに位置付けられる。

 

フル充電での走行可能距離は20マイル(約32キロ)ほどと距離的には少し物足りないが、

今後のさらなる跳躍に期待したい。

 

ライノモーターズ