Browse By

ロンドンの女性イラストレーター「Julia Pott」の感動ショートフィルム『Belly』


 

ロンドンの若き女性イラストレーター/アニメーター、Julia Pott(ジュリア・ポット)。

彼女の素直な表現力や、独特の不思議な世界観で見るものを魅了する。

現在はニューヨーク在住。

今日は、数ある作品の中、サンダンス映画祭などで上映、受賞となったショートフィルム「Belly」をご紹介します。

 

 

ストーリー:

登場人物は兄のアレックスと弟のオスカー、そしてオスカーの親友であるモンスター。

弟のオスカーを置いて海に遊びに行った兄アレックスは波に飲み込まれ行方がわからなくなる。

オスカーは置いて行かれた怒りと葛藤するが、

モンスターの説得により一緒にアレックスを助けに海の底へ急ぐ。

すると、アレックスは既にクジラ食べられてしまっていることが分かり、クジラの体の中へと救出に向かうのだが、

アレックスの代わりにモンスターがクジラの体に取り込まれてしまい、急な別れを迫られる。

 

 

子供から大人へなるときに誰もが体験する喪失感を、子供の夢のような世界観で描きあげた作品。

 

Julia Pottの描く不思議なキャラクター、世界観はシュールで少し不気味といった声もあるが、

そのありのままのセンチメンタルな描写が自然と幼き時に体験した記憶や感情にクロスして、

胸を熱くする。

 

「子供の頃は、物理の法則も曖昧なものになります。壁を歩くのも、肌に手を貫通させるのも可能なことに思えます。

そういう意味でも、この主題に取り組むに はアニメーションはパーフェクトな手法でした。

子供ならではの感覚の世界で、キャラクターの内面の混乱を具体化するのです」

とポット氏は言う。

 

その他、Julia Pottの作品は以下より

Julia Pott 公式サイト